豚肉 コレステロール


自然とコレステロールを下げてくれる食べ物・飲み物11選!知ってよかった健康雑学【そうなのか動画】

ホーム 高コレステロール 中性脂肪が低くLDLコレステロールの高い人が控えるべき食べ物 ☞ お肉 ・鶏肉>豚肉>牛肉の量で、鶏肉を多くすること。

また、牛肉や豚肉といった食肉に含まれるコレステロールはさほど多くありません。

とは言っても、食べすぎ・・・いわゆる過剰摂取は禁物。

適度な量とバランスの良い食事を心がけましょう。

〈豚の脂肪は牛肉より少なく、コレステロール値も低い〉 豚肉というと、脂(あぶら)っこくコレステロールが多いなどのイメージをもたれがちです。

豚肉と長いものカリカリ焼き 監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生 長いもは、 抗酸化作用やコレステロール除去作用が期待されるサポニンも含みます。

豚肉の脂身ばかり食べ過ぎると、中性脂肪が高くなりコレステロール値が上昇してしまいます。

脂質やコレステロールが多いからと避けられることもある豚肉ですが、適度な脂質やコレステロールの摂取は、免疫力を高め、老化を防いでくれます。

又、良質のタンパク質も豊富に含まれ、これから作られるペプチドにもコレステロールを下げる働きがあります。

体内で分解されにくく、コレステロールを上げる原因になります。

牛肉や豚肉に含まれる飽和脂肪酸には、コレステロールを上昇させる作用があります。

バターやラードもそうですが、赤身肉にも不飽和脂肪酸が含まれています。

98 豚肉 225 71 牛肉 182 67 表1のようにコレステロールは、動物に多く含まれており、中でも卵黄が食品においては、1番多い食品です。