当山


當山みれい 『願い~あの頃のキミへ~』

2018年2月15日当山の文化財について 当山所蔵の四天王像につき、下記の通り安置場所を変更しました。

当山は、京の西山連峯の麓にあって、小塩山大原院勝持寺と呼ぶ古刹であります。

その禊ぎの道場が当山の起こりです。

土曜日5km 浦添城跡と当山の石畳を巡るてだこロードコース地図 当山の石畳道 長さ200m程ある石畳の道、 当山の石畳は「普天間街道」と呼ばれる道の一部でもあります。

> 当山の寺宝 原派の絵画 日本画の原派というのは、 当山には、一門のうち、梅戸在貞と梅戸在親の手になる襖絵と絵巻が残されています。

当山のみどころ 信者によって歴史が紡がれてきた柳谷観音。

当山の駐輪場は、自転車専用です。

自動二輪・原付・三輪バイク等は駐輪(駐車)できません。

バイク用駐輪スペースもありません。

聖徳太子・三尼公ゆかりの地、太子町にある常行念仏最古の道場、南向山 西方院の公式サイト。

当山へのアクセス、所蔵宝物などのご案内。

新西国霊場八番札所。

首里から浦添を通って宜野湾にいたる琉球王府時代の街道の一部で、字当山にあります。

牧港川の谷間の坂道にある、長さ約200m、幅約3mの石畳道です。